金尾散財衛エ門のエンターティメントは素敵だ!

音楽大好き、芸術大好きの男がつらつら綴るエンターティメント感想記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロイ

 トロイ

 制作国:アメリカ 2004年 163分
 日本公開年:2004年
 出演者:ブラッド・ピット エリック・バナ オーランド・ブルーム ダイアン・クルーガー
      ブライアン・コックス 他
 監督:ウォルフガング・ペーターゼン
 
 古代ギリシャ神話「イリアス」「オデュッセイア」をハリウッド流に脚色した作品である。
 私は、上記原作を全く知らないことを、あらかじめお断りしておく。
 
 のっけから大軍と大船団が登場する「スペクタル映画」で、典型的な「ハリウッド的娯楽大作映画」という印象しか残らない。
 この映画では、歴史上有名な「トロイア戦争」は、トロイの王子パリスが、スパルタ王妃ヘレンと不義密通をしたあげく、ヘレンをトロイに連れて帰ることが原因で始まるという設定になっているが、いくら古代文明の時代とはいえ、王子が他国の王妃と不倫関係になり、それが発覚したらどうなるかわからなかったのだろうか。「恋は盲目」とは恐ろしいことである。
 兄のヘクトル王子は、弟のこの行為に驚愕し、怒りを覚えるが、弟の恋が本気であることを知ると、あっさりとこれを許してしまう。トロイ王はスパルタの進撃に対し有効な手を打てず、ただオロオロするばかりで、無能さをさらけ出す。
 ギリシャの勇士・アキレス(「アキレス腱」の語源になった人物である)は、ここでは敵の大軍を一人で蹴散らす、日本の特撮戦隊顔負けのヒーローぶりを発揮している。演じるブラッド・ピッドの筋肉ムキムキの肉体は、確かに美しい。実際のアキレスもこれだけがっちりした体格の持ち主だったら、女性にもてただろう。
 だがアキレスは、戦争の無意味さを誰よりも知っている人物でもある。「歴史は王が作る」というスパルタ王アガメムノンに対し、アキレスは「実際に闘うのは戦士だ」と反論する場面が出てくる。「王妃を寝取られた」という理由で外国に侵攻し、庶民を泣かせることが許せなかったのだ。

 だがそのアキレスも、仲がよかった従兄弟をヘクトル王子に殺されたことで、戦士としての本性をむき出しにしていく。ふとしたことでアキレスに救われ、彼と深い仲になった巫女・ブリセイスはヘクトルとの決闘を思いとどまるよう懇願するが、怒りで頭に血が上ったアキレスは、彼女の願いを無視する。ヘクトルはアキレスとの決闘に臨み、命を落とす。
 ヘクトルが殺された夜、トロイ王が単身アキレスの陣地に乗り込み、ヘクトルの遺体を返して欲しいと懇願する。現代だったらいい機会とばかりに王を拉致監禁し、場合によっては首をはねる展開だが、アキレスは王の願いを聞き入れる。ブリセイスの願いを聞かなかったばかりに、結果としてヘクトルの命を奪ったことを後悔したのかも知れない。
 それにしても、この映画で描かれるパリス王子は、臆病で自己中心的である。戦争の発端になった不倫関係が、当時の国際情勢にどういう影響を与えることになるのかわからなかったのか?ヘレンの夫から決闘を迫られたときも、実際に相手をしたのは兄だった。ラストではギリシャ軍がトロイに攻め入る混乱に乗じて、アキレスを闇討ちにする。「騎士道や武士道の風上に置けない人間」として、後世の史家から非難されても文句は言えないだろう。
 バカで卑怯な指導者を組織のトップに戴くと、待っているのは悲惨な結末だと言うことがわかればよし。
 当時のトロイが、今の日本にダブって見えた。

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

*Trackback

Menu

カレンダー

プロフィール

金尾散財衛エ門

Author:金尾散財衛エ門
音楽・美術・映画など、この世のすべての「美しいもの」と、憲法第9条に代表される「平和」が大好きな、世間一般でいう「ワーキングプア」に所属するしがない中年フリーター。
このBLOGでは、管理人が見たり聞いたりした映画・展覧会・CDの感想をつらつらと綴っていく。
※展覧会の記事は、過去の展覧会についても言及することをあらかじめお断りします。

最近の記事

カテゴリーメニュー

最近のトラックバック

 

最近のコメント

 

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

blogram投票ボタン FC2 Blog Ranking TREview あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。