金尾散財衛エ門のエンターティメントは素敵だ!

音楽大好き、芸術大好きの男がつらつら綴るエンターティメント感想記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水俣病-その20年

 水俣病-その20年

 1976年・日本
 監督:土本 典昭
 43分


 この映画は、水俣病の存在が医学的に「発見」され(1953年)、これまで不当な差別に耐えてきた患者達が、地元の巨大企業「チッソ(当時の社名は「新日本窒素肥料(株)」、以下社名は「チッソ」と明記)に対し、長年にわたる苦痛に対して謝罪を要求して裁判闘争を起こした、患者達の苦難に満ちた足取りをたどるドキュメンタリー映画である。
 水俣病の原因は、工場創設以来「チッソ」が工場排水を垂れ流し続けた事に原因がある。この工場ではアセトアルデビド、合成酢酸を生成していたが、その過程で大量の水銀を吹くんだ工場排水を、無処理のまま有明海に垂れ流していた。工場は不知火海だけでなく、そこに生息するプランクトン、プランクトンをえさにする魚、そしてその魚を食用にしていた人間に、取り返しのつかない悪影響を与えたのである。
 水俣病の存在が公式に確認されたのは1953年だが、それに近い症状は戦前に確認されていた。1940年、イギリス人のハンターとラッセルという人物が、農薬工場で有機水銀中毒になった、工場労働者4人の症例を報告している(ハンター・ラッセル症候群)。翌年11月には、水俣病と疑われる最も早い患者の発生が確認されている。
 水俣病の発生が確認される直前、地元の人は不知火海の魚介類が死んで海面上に浮き上がり、猫があやしい行動を繰り返したあげく、発狂して不知火海に飛び込む様子を何度も目撃している。振り返ってみれば、ネコが発狂して海に飛び込むくらい、「チッソ」水俣工場周辺海域の汚染はかなり進んでいたと言うことである。
 症例が確認される以前は原因がわからないため、地元では「伝染病」の一種だと思われていた。水俣病患者が出た世帯は、地域から差別の対象になり、日常生活もままならない状態に追い込まれた。学校でも、教員が率先して患者を差別した。患者は、どんどん精神的に追い詰められていった。
 1957年、患者達は団体を作り、熊本県と国に対して原因究明とチッソの責任を求める行動をし始める。しかし県・国とも原因究明には消極的であり、「チッソ」は責任すら認めなかった。医学的にチッソの工場排水が原因と認定されると、漁業ができなくなった漁民達は暴動を起こし、会社に謝罪を要求する。補償を要求する患者達に対して「チッソ」は、わずかばかりの見舞金を支給しただけで、しかも今後症状が悪化してもチッソには関係ありませんという一文を認めさせるという、あまりにも理不尽なものだった。にも関わらず、日常生活で受けた諸々の差別と、高額な医療費で心身ともボロボロになっていた患者たちは、チッソの言うがままに「見舞金」という名のはした金を受け取った。だが生活苦からいつまで経っても脱出できず、人間としての尊厳をこれでもかとばかりに傷つけられた被害者達は、ついに裁判闘争にうって出るのである。
▼追記の開閉

ブルーゴールド~狙われた水の真実

 ブルーゴールド~狙われた水の真実

 制作国:アメリカ 2008年 90分
 日本公開年:2010年
 監督:サム・ボッソ

 「コカ・コーラの値段が水より安い国がある」という事実を、あなたは信じることができますか?
 「水道水が有料だったばかりに、火事を消すことができずに焼死者が出た国がある」事例を知ったら、あなたはどう思いますか?
 
 今、全世界中で「水ビジネス」が熱い。
 「水ビジネス」という言葉を初めて聞いた人で、この分野の知識を持たない人だったら「水道のシステムを海外に輸出するビジネス」だと思うだろう。日本と海外の水道システムの決定的な違いは、日本の水道システムが公営で行われているのに対し、海外のそれの大部分は民間企業が運営していることだ。
 実は世界の「水」は、「5大メジャー」といわれる5つの世界的大企業が実権を握っている。水道供給システムはもちろん、ダム建築、水浄化システムなどで、世界の水需要の8割以上のシェアは、彼等5大メジャーによって占められている。高度な水浄化システムや水供給システムを持つ日本も、世界に遅れるなとばかりに「水ビジネス」をの参入を虎視眈々と狙っているが、日本が参入を狙っている水道システムは水メジャーによって独占されているため、周辺のニッチ産業に的を絞って参入せざるを得ない状況になっている。
 この映画は、世界中が注目している「水ビジネス」に反対し、「水を大企業から、一般市民に取り戻すべきだ」と主張している。なぜか?
 皆さんは、自然の循環システムについて学校で学んだのだろうか?実は恥ずかしながら、私は学校で学んだ記憶がない。いや、学んだのかも知れないが、忘れてしまったのかも知れない。地上に降った雨は森林地帯に貯えられ、余った水は川に注がれて海に帰る(多分)。地球上で気候がおかしくなっているのは、循環システムが何らかのかたちで異常をきたしているからである。
 この映画の中では、南米で高度な文明を持っていた「マヤ文明」が滅んだのは、水不足に原因があったからだと説明している。干ばつが続いて飢餓状態に陥り、森林を伐採して農耕地を増やそうとした。しかし一時的に飢餓状態は逃れられても、森林を伐採して新たに開拓した耕地にまいた種が、大量に水を使うものだったら、どんな結果を招くのか、彼等は想像していなかったのだろう。森林伐採を広範囲に行ったため、森林の保水機能は失われた。結果として水不足はひどくなり、高度な文明をほこったマヤ文明は地球上から消えた。これと同じことは今も起こっている。旧ソ連は水を海外に輸出していただけでなく、アラル海沿岸で大量の綿花を栽培していた。綿花というのは、栽培するのに大量の水を使う。綿花栽培と水の輸出で、豊富な水量をほこっていたアラル海は、一部を除いて完全に消滅してしまった。

 
▼追記の開閉

わが街わが青春-石川さゆり水俣熱唱-

わが街わが青春-石川さゆり水俣熱唱-


 制作国:日本 1978年 43分
 日本公開年:1978年
 監督:土本 典昭

 この作品は、
 「同じ水俣病の仲間達のために何か大きいことをやりたい!」
一心で、自分も水俣病患者である一人の青年が石川さゆりショーを企画・実行のために奔走する様子を描いたドキュメンタリー映画である。
 もともとこの作品は、日本テレビのニュース番組内の一コーナーとして放送したところ、全国から反響を呼んだことから、映像を映画公開のために再編集されたというエピソードがある。「石川さゆり」という商品に色がつくことを恐れた所属会社側のホリプロは、映画化される際に「歌っている映像の収録時間は○分以内」などと細かい条件をつけた。
 このコンサートの実現については、当時の環境庁長官・石原慎太郎の存在を抜きには語ることはできない。石原長官は水俣を訪問した際、患者の書いた文章をみて
 「この内容は本人が書いたものじゃないだろう」
と発言し、患者との面会を拒否してテニスに興じるなど、周囲の顰蹙を買ったという。しかしその一方で、常々患者のために何かやりたいと口にし、患者の一人と文通するなど交流を重ねていた。
 その交流をみていた原田正純氏は石原長官に、胎児性患者がコンサートをやりたいと考えているから、芸能プロダクションのトップと話をしてくれと依頼した。石原長官はこの頼みを快諾し、彼の尽力もあって石川さゆりのコンサートが実現したのである。
 このコンサートを企画した患者達は、「胎盤性患者」といわれている人たちである。妊娠中の胎児は、胎盤で守られているために病気にはかかりにくい。だが水銀は、不幸にも胎盤を通過してしまい、結果として生まれてきた新生児は、生まれながらにして重い障がいが残ったのである。自分達は曲がりなりに自力で歩けるが、寝たきりでベッドに横になり、意思の疎通もままならない仲間が大勢いる。彼らのためになにかやりたいが、20歳を過ぎても周囲からは子供扱いされている。それに不満を持った彼らは自分たちの手で何かやってみたい!という一心で、石川さゆりのコンサートを企画したのである。
 彼らは障がいが残る身体にムチを打ち、宣伝やチケット販売に奔走する彼ら。
 その無理がたたって、患者の一人が頭痛を訴えてしまう。
 そんな中迎えた、コンサートの挨拶でのリハーサル。
 彼らは、へらへら笑いながら挨拶したことで、周囲から注意されてしまう。
 少なくてもこの時点では、彼らは「挨拶の重要性」を認識していなかったようだ。 

  
▼追記の開閉

今、愛する人と暮らしていますか?

 今、愛する人と暮らしていますか?

 制作国:韓国 2007年 116分
 日本公開年:2008年
 出演者:イ・ドンゴン オム・ジョンファ  パク・ヨンウ ハン・チェヨン 他  
 監督:チョン・ユンス
 
 ’07年、韓国で上映された時に動員数100万人を突破した映画がDVDで登場。
 仕事に情熱を注ぐファッション・アドバイザーのユナと、ユーモア精神あふれるホテルマン・ミンジェは、日々の平凡な幸せをかみしめるタイプのタイプの夫婦だ。
 一方、ともに実家が人がうらやむセレブである建設会社役員・ヨンジュンと照明デザイナーのソヨは、どこかよそよそしさと倦怠感が漂うカップルである。
 対照的なタイプのカップルは、ミンジェの出張先・香港で運命的な出会いをする。
 ミンジェとソヨは運命的な出会いを感じ、お互いに好意を持つようになる。
 逆にユナは、ヨンジュンのぶっきらぼうな態度と言葉遣いに加え、TPOをわきまえない服装センス、細かいことにこだわらない生活スタイルに反感を感じるが、一緒に飲みに行ったことから親密な関係になるが、夫のことを愛しているユナは、最後の一線を越えさせない。しかしお互いに好意を持ったミンジェとソヨは、すぐさま現地のホテルで深い関係を結び、帰国後もお互いのパートナーの目を盗み、逢瀬を繰り返す。
 ヨンジュンとのよそよそしい関係に疲れていたソヨは、ミンジェに「あなたとなら何もかも捨てられる」と告白し、彼との結婚を望むようになるが、交際当初から「大人の関係」と割り切っていたヨンジュンは口を濁す。しかし、ふとしたことから2人の不倫関係は、お互いのパートナーに知れることになってしまう。これまでの不定関係を認めて互いのパートナーに謝罪し、夫婦関係を一からやり直そうと決心するミンジェとソヨ。だがその本心はまるで違っていた。友人の結婚式で、酔っぱらった新郎を避けようとしたソヨとユナは、謝って海の中に落ちてしまう。お互いの夫は彼女たちを助けあげるが、手を握っていた相手は…

 
▼追記の開閉

東京大学物語

 東京大学物語

 制作国:日本 2006年 105分
 日本公開年:2006年
 出演者:三津谷葉子 田中圭 範田紗々 升毅 他
 監督:江川達也

 原作は、「ビックコミックスピリッツ」に10年連載され、単行本発行部数が1,500万部を超える大ヒット漫画。原作者が監督をしたというので話題になった。
 主人公・水野遥は小さい頃から変人扱いされ、邪険にされてきたトラウマから、恋愛に臆病な女子高生。
 遙はある日、同じ学校に通う村上直樹に告白され、付き合うようになる。
 知能指数300の頭脳を持つ村上は「日本一である」という理由だけで、で東京大学進学を志望する高校生。遙は当初地元大学の教育学部を志望していたのだが、村上の影響を受け、自分も東大を受けると言い出す。簡単に受かる大学ではないと諭す村上だが、遙は村上と同じ大学に行きたい一心で熱心に勉強し、東大合格を果たす。ところが村上は、遙という立派な彼女がおり、しかも東大受験前日にもかかわらず、彼のことを好きだというクラスメートと、一晩中SEXしてしまう。
 寝不足で東大受験に臨んだ村上だが、結果は不合格。早稲田に進んだものの、どうしても東大を諦めきれずに「仮面浪人」生活を送る村上と、東大に合格し、キャンパスライフを謳歌する遙との間には、いつの間にかすきま風が吹くようになり… 
 
▼追記の開閉

マイケル・ジャクソン死去

 「キング・オブ・ポップ」よ、さようなら…

 マイケル・ジャクソンさん急死 検視局「突然の心停止」

 マイケル・ジャクソンは、私が本格的に洋楽ポップス、ブラック・ミュージックを聴き始めた頃に知ったミュージシャンの一人である。その頃の私は本とラジオに夢中な子だった。FM放送と高校時代に夢中になって聞いた「ベストヒットUSA」のおかげで、顔と名前が一致すするようになった。あの頃は雑誌もテレビもラジオも、何とかのひとつ覚えのように「マイケル」「マイケル」と大騒ぎしていた。私がブラック・ミュージックに夢中になったのは、彼のおかげです。
 7曲がシングルカットされた、期待のモンスター・アルバム「スリラー」以後、音楽面ではコンスタントにヒットを重ねた。しかし、私生活面では誠に不幸な出来事の繰り返しだった。
 彼はもともと家族グループ「ジャクソン・ファミリー(後に「ジャクソン5→ジャクソンズ」と改名)」の一員としてデビューし、歌のうまさと天才的なダンスのセンスで人気者になった。だがこれが家族との関係にひびが入る原因となる。
 「スリラー」のヒットと相前後して、両親が離婚(彼は母親側についた)。その直後リリースした、ジャクソンズ名義で敢行したツアーでは、マイケルばかりにファンの注目が集まり、他の兄弟には見向きもされなかったことから、グループは解散状態になってしまう。兄弟はたくさんいたが、姉のラトゥーヤとすぐ上の兄ジャーメインははちょっと注目されたがすぐにミュージックシーンから消えてしまい、セールスで成功したのは妹のジャネットだけ。売れない兄弟達のために、生活費を負担していると囁かれたこともあった。 
▼追記の開閉

トロイ

 トロイ

 制作国:アメリカ 2004年 163分
 日本公開年:2004年
 出演者:ブラッド・ピット エリック・バナ オーランド・ブルーム ダイアン・クルーガー
      ブライアン・コックス 他
 監督:ウォルフガング・ペーターゼン
 
 古代ギリシャ神話「イリアス」「オデュッセイア」をハリウッド流に脚色した作品である。
 私は、上記原作を全く知らないことを、あらかじめお断りしておく。
 
 のっけから大軍と大船団が登場する「スペクタル映画」で、典型的な「ハリウッド的娯楽大作映画」という印象しか残らない。
 この映画では、歴史上有名な「トロイア戦争」は、トロイの王子パリスが、スパルタ王妃ヘレンと不義密通をしたあげく、ヘレンをトロイに連れて帰ることが原因で始まるという設定になっているが、いくら古代文明の時代とはいえ、王子が他国の王妃と不倫関係になり、それが発覚したらどうなるかわからなかったのだろうか。「恋は盲目」とは恐ろしいことである。
 兄のヘクトル王子は、弟のこの行為に驚愕し、怒りを覚えるが、弟の恋が本気であることを知ると、あっさりとこれを許してしまう。トロイ王はスパルタの進撃に対し有効な手を打てず、ただオロオロするばかりで、無能さをさらけ出す。
 ギリシャの勇士・アキレス(「アキレス腱」の語源になった人物である)は、ここでは敵の大軍を一人で蹴散らす、日本の特撮戦隊顔負けのヒーローぶりを発揮している。演じるブラッド・ピッドの筋肉ムキムキの肉体は、確かに美しい。実際のアキレスもこれだけがっちりした体格の持ち主だったら、女性にもてただろう。
 だがアキレスは、戦争の無意味さを誰よりも知っている人物でもある。「歴史は王が作る」というスパルタ王アガメムノンに対し、アキレスは「実際に闘うのは戦士だ」と反論する場面が出てくる。「王妃を寝取られた」という理由で外国に侵攻し、庶民を泣かせることが許せなかったのだ。
▼追記の開閉

Menu

カレンダー

プロフィール

金尾散財衛エ門

Author:金尾散財衛エ門
音楽・美術・映画など、この世のすべての「美しいもの」と、憲法第9条に代表される「平和」が大好きな、世間一般でいう「ワーキングプア」に所属するしがない中年フリーター。
このBLOGでは、管理人が見たり聞いたりした映画・展覧会・CDの感想をつらつらと綴っていく。
※展覧会の記事は、過去の展覧会についても言及することをあらかじめお断りします。

最近の記事

カテゴリーメニュー

最近のトラックバック

 

最近のコメント

 

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

blogram投票ボタン FC2 Blog Ranking TREview あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。